2017年7月19日水曜日

英文を書く

皆さま、こんにちは。ねこです。
時間があるうちに連投しちゃいます。

最近、英文を書くことが増えました。
もともと、海外の友だちとの
メールやチャット、SNSなどで
英語を書いてはいたのですが
ビジネス用のサイトやブログに
英文を載せるとなると
そうそう気軽には書けません。

理想を言うなら、
毎回、英文を書き終えたあと、
文章スキルの高いネイティブを雇って
校正してもらうのがベストです。
(※企業が英語で何かを発信するなら、
絶対にそこをケチってはいけません。
また、ネイティブなら誰でもいい
というわけではないので、
そこも要注意です!)

しかし、通訳案内士として
仕事を始めたばかりの個人事業主が
ブログ投稿のたびに
ネイティブを雇うというのは
あまり現実的ではありません。

また、外国人の友だちに
「ちょっとこの英文読んで
おかしなところを修正して」
とお願いするのも、半年に1回ぐらいなら
いいかもしれませんが、
継続的に頼むのは失礼です。

どうしたものかなぁ…と
悩んでいたところ、いくつか
面白い解決方法が見つかりました。

Grammarly: Free Grammar Checker
https://www.grammarly.com/

こちらの公式YouTubeを見ていただくと
どんな感じに使うものなのか
よくわかるかと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=wOxVMRwLfjU


どんな人がどんな間違いをするのかを
ビックデータとして
収集されているとは思いますが
そもそも世の中に発信する内容なので
そこはあまり神経質にならないことにします。
(※Chromeの拡張機能で使う場合は、
Chrome上で機密事項を書かないように要注意)

そして、もう1つ、友だちから
面白い提案がありました。
それが、crowdsourcing

「ん? クラウド上で
アウトソーシングをするなら
cloudsourcingでしょ?」って?
いえいえ、この綴りでいいんです。

アルクの英辞郎には、
「無償または低額報酬を条件として、
不特定多数の人々に(インターネットを介して)
仕事を依頼すること」
という説明が書いてあります。

で、具体的に、どうするかというと
単に投稿の最後の部分に
「何か情報や文章の間違いを見つけたら
お知らせくださいね」と書いておく。
それだけ。

訂正歓迎ということを書いて
Facebookにも載せるようにすると
親切なお友達が
コメントしてくれたりするそうです。
(書いておかないと、
間違いに気づいても、
指摘しちゃ悪いかなと思って
遠慮する人が多いとのこと)

短い文章のチェックなら、Lang-8を
使うのもよさそうですね。
http://lang-8.com/

ねこ自身は、Lang-8を利用したことがないので
これまでブログで紹介していなかったのですが
以前、英会話の生徒さんが
オススメしてくださって、
なんとなくよさそうだなと思っていました。
試しそびれていたので
今度使ってみようと思っています。

英語で何かを発信するというは
なかなかハードルが高いものです。
世の中では、とても残念な印刷物やウェブサイト
看板や案内標識などもよく見かけます。

逆の立場から見ると
どんなふうに残念な感じなのかは、
今年1月4日の投稿をご覧ください。

ネイティブチェックの重要性
http://interesting-languages.blogspot.jp/2017/01/blog-post_4.html

SNSの投稿のように
どんどん消え去っていくものは
正確さよりも即時性優先でOK。
(とはいえ、程度はありますけどね)

逆に印刷物や看板などは、
必ず言語レベルの高いネイティブを雇って
恥ずかしくないものを
世の中に送り出していきましょう。

"wear"にご用心!

皆さま、こんにちは。
先日、浴衣について
英語でブログを書きました。

Where to buy a yukata
https://www.picturesque-japan.com/2017/07/11/where-to-buy-a-yukata/

アップロード前にアメリカ人の友達に
読んでもらえる機会があったのですが、
なんとそこで驚愕の事実が!

「簡単に着られる」という意味で
easy to wearという表現を使ったところ
これは「着心地がいい」という
意味になってしまうのだそうです。

例えば、It's not easy to wear a yukata.
と言った場合、
「着る作業が難しい」という意味にはならず
「着心地が悪い」という意味に。

さて、困りました。
「着る作業がなかなか難しい」というのは
一体どう表現すればいいのでしょう?

そこで登場するのがput onという言葉。
It's not easy to put on a yukata.と言えば、
「着る作業がなかなか難しいんですよ」という
意味になるとのこと。

そういえば、TOEICのリスニング対策で
そんな勉強をした記憶があります。
The man is wearing a jacket.
と言った場合、
「ジャケットを着た男性」という意味で、
「今、ジャケットを着ようとしている男性」
という意味にはならないというやつです。

Googleの画像検索でも
wearing a jacketの結果は
以下のとおり。
基本的に「すでに着ている状態」です。


putting on a jacketで検索すると
こんなふうになりました。


浴衣の話をする時、つい何も考えずに
It's a bit difficult to wear.
と言ってしまいそうなので
気をつけなくちゃなぁ…と
思ったねこなのでした。

2017年7月15日土曜日

ブログを書く理由

皆さま、こんにちは。ねこです。
なぜ、こうしてせっせと
ブログを書いているのか。
今日はその理由を
書いてみようと思います。

もともと、このブログを
始めたきっかけは、
英会話講師をしていたころ
生徒さんたちの質問に
きちんと回答する時間がなかったので
「あとでブログに詳しく書くから
それを見てちょうだいね」と言って
ちょこちょこと解説を
書いたことでした。

そして、ブログを始めたことで、
語学に対するアンテナが敏感になり
「あっ、これもネタになる!」と
いろいろなことに気づくようになり
それまでうやむやにしていた
文法や語法なども問題も、
きちんと調べるきっかけになりました。

それが楽しくて、2011年から
ちょこちょこと書き続けて
いるわけなのですが、
先日、翻訳フォーラム
「シンポジウム2017」に参加し、
あらためて日本語を書くことの
大切さを認識しました。

というのは、なんと、
翻訳作業だけを続けていると
日本語力が低下してしまうそうなのです!

日々、日本語でアウトプットしているのだから
そんなはずは…と思いますが、
最初から日本語で書く場合の語彙数と
英語から日本語に訳す際に使う語彙数には
差があるとのこと。

つまり、翻訳作業に慣れれば慣れるほど
自分にとっての「いつもの表現」のみで
日本語の文章を作ってしまいがちに
なるのだとか。

そのため、日本語力を
維持・向上するためには、
優れた日本語の文章を読んで
たくさんインプットをし、
そして、アウトプットをする練習を
繰り返す必要があるのだそうです。

というわけで、これからも、
せっせと日本語の文章修業を
続けていきたいと思います。

ところで、今日は
「映像翻訳フォーラム」に
参加してきます。
https://www.wiseinfinity-school.com/forum/
(この間のは「翻訳フォーラム」、
今回は「映像翻訳フォーラム」。
ちょっと紛らわしい?)

「今年、ファンからプロになる」
という副題がついているので、
映像翻訳者を目指す人を対象にした
セミナーという印象ですが、
業界の現状や、今、どんな翻訳者が
求められているのかを知るにあたり
最高の情報源でもあるのです。

また、翻訳者を目指していた
「あのころの気持ち」を
思い出すこともでき、
翻訳への愛も深まります(笑)

今日はどんなお話が聞けるでしょうか?
パネリストの中に、
お世話になっているエージェントの
担当者さんもいらっしゃるので
お目にかかるのが楽しみです。

2017年7月14日金曜日

日本橋で留学生気分を

皆さま、こんにちは。ねこです。
通訳案内士として活動を始めたことで
英語で文章を書く機会が増えました。

しかし、よくよく考えてみると、
大学以外で、英語のライティングを
正式に学んだ経験がありません。

そこで見つけたこんな講座。

`売りたいもの`の魅力を最大限に引き出し、伝えられる
超・実践型 英語コミュニケーション技法を学ぶ!
プロモーショナル・ライティング powered by GCAI
http://gcai.jp/step/promotionalwriting

これまでもさまざまな形で
お世話になっているGCAIなので、
内容の的確さと質の高さは確認済み!

GCAIを知らない人は、
こちらをご覧くださいね。

新種の学校が誕生!?(2015年9月の投稿)
http://interesting-languages.blogspot.jp/2015/09/blog-post.html

コミュニケーションを学ぶ(2015年9月の投稿)
http://interesting-languages.blogspot.jp/2015/09/blog-post_5.html
(※リンク先の講座内容は投稿当時のものです)

そりゃあ、受講料を払う時は、
ちょっぴり迷ったり悩んだりはしますよ。
だって、38,800円あったら、
大好きな松屋のねぎ塩豚カルビ丼が何杯…
(オイッ! 笑)

だけど、日本で、アメリカ人の
プロのライターさんから
直接指導を受けられる機会なんて
そうそうないですからね。
(英会話学校の英文添削とは
まったく違うレベルのお話です)

実際、アメリカまで行って、
航空運賃と宿泊代と受講料を払って
ビジネススクールで
この内容の講座を受けることを考えれば
ねぎ塩豚カルビ丼86杯ぐらい
どおってことないです!(←ホントか?)

講義言語が英語というのも
なんとも嬉しいですね。
ちょっぴりアメリカ留学気分も
味わえそうです。
そして、講師やクラスメートとの
出会いも楽しみ!

というわけで、来週の火曜日から
週1で計4回、日本橋で
学生やってきまーす。

ブログやホームページなどで
英文で情報を発信したい
特に通訳案内士の皆さま、
ぜひ、クラスメートになってくださいね♪

2017年7月13日木曜日

映画、そしてミュージカル

皆さま、こんにちは。ねこです。
昨日は映画とミュージカルの
ハシゴをしてきました。
(なんと贅沢な!)

映画は『約束の地、メンフィス
〜テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー〜』。
http://www.curiouscope.jp/Memphissoul/


ミシシッピ・デルタの音楽を守り、
伝承しようという
レコーディング・プロジェクトを追った
ドキュメンタリーで、
ブッカー・T・ジョーンズや
といメイビス・ステイプルズといった
大御所ミュージシャンから、
スヌープ・ドッグやヨー・ガッティなどの
超人気アーティスト、
そして、音楽学校の学生に
なんと小学生ラッパーまで登場します。

音楽の力、温もり、感動を
いっぱいに詰め込んだこの映画、
私の好きな映画第1位の座を
奪い取るかもしれません。

普段は映画館でグッズを買ったり
しないのですが
この音楽だけは家に持ち帰りたいので
サントラも購入しました!




この作品、都内での上映は
新宿のK'sシネマのみで8月11日まで。
8月12日からは、横浜のシネマリンで上映します。

あとは、名古屋、大阪、京都での
上映があるようです。
http://www.curiouscope.jp/Memphissoul/theater.html

観客動員数によって
今後の上映スケジュールが
変わってくるかと思うので
ぜひ、皆さま、劇場に
足をお運びくださいませ。

こちらが予告編。
https://www.youtube.com/watch?v=qXAzSypUk5c


音楽好きな人には
必ず観てほしい珠玉の1本です!

さて、映画のあとは
渋谷に移動してミュージカル。


なんと、このミュージカルの
プログラムの表紙とP.4-5に
私が撮ったニューヨークの写真を
使っていただきました!!!

表紙 

赤いカバーを戻すとこんな感じ

裏表紙 

このページの背景の写真

おおっ、名前が入ってます!
これは何にも代え難い喜び!! 

P.15には写真の師匠の
Tak Tokiwaが書いた記事が。

そんなわけで、昨夜は
公演初日にご招待いただき
普段はなかなか座れないような席で鑑賞。

オーケストラの生演奏と
舞台上の役者さんが織りなす芸術を
堪能させていただきました。

こちらの公演は7月30日まで。
渋谷ヒカリエ11階から上に広がる
シアターオーブの空間も
非日常的でオススメです。

ところでミュージカルの日本公演では
ステージ両袖に字幕が出るんですね。
話者が1人の時はカギカッコなし、
複数の話者のセリフは
それぞれ「     」で括られて表示されます。

その場で演じているので、当然、
字幕は誰かが手作業で
1枚1枚ボタンか何かを押して
表示を切り替えているはず。

歌の部分はリズムどおりに
トントンと押せばいいけれど
しばらく間があってセリフが出る場合は
役者さんの呼吸を読みつつ
音が出た瞬間にできるだけ素早く
ボタンを押さなくては
いけないわけですよね。
いやぁ、頭が下がります!

そんなわけで、昨日は
姿の見えない字幕担当者さんにも
思いを馳せながら、
ミュージカルを楽しんできました。


<本日のおまけ>
ところで、この表紙の写真、
OLYMPUS XZ-1というコンデジで
撮りました。
こんなステキな色合いの写真も撮れます。



せっかくなので、
OLYMPUSさんにも
連絡してみようかなぁ…。

XZ-1を作ってくださった開発者さん、
本当にありがとう!!

2017年7月8日土曜日

ゲージ? ケージ?

皆さま、こんにちは。ねこです。
これ、何て呼んでいますか?


ージ? ージ

英語で書くと cage なので
ージという表記が正解です。

ージと言ってしまった場合、
英語では gauge に聞こえるので
「測定基準」「測定機器」
「レールの軌間」「編み物の目数」
などの意味になってしまいます。

ただ、残念ながら、ゲージという表現も
かなりの頻度で誤用されているようで、
通販サイトなどでは
ージの他に、ージという言葉でも
検索にヒットするようにしていたり、
実際に両方表記しているところも
ありました。


思いっきり間違えた表記で
掲載している会社も(笑)
チェックを担当する人が
かなりの老眼なのかもしれません。
温かく見守ることにしましょう。
とりあえず、通じればいいのです。

ただ、英語で話す時は、
/g/の音で発音すると通じないので
必ず/k/の音で発音してくださいね。

ところで、子猫時代に買ったこのケージ、
中に入れると、ものすごい声で
「ああお~~~~ん」と絶叫するので
結局、ほとんど使いませんでしたとさ(笑)

2017年7月7日金曜日

Google Maps

皆さま、こんにちは。ねこです。
今日、すごいことに
気づいてしまいました。

なんと、Googleマップって、
英語ではGoogle Maps
複数形だったんですね!!(驚)

じゃあ、なんでGoogle Books
日本語でもGoogleブックなんだぁ???
とツッコミを入れたいところですが、
「なんちゃらブックス」という表現は
なじみのある表現になっているので
「ブックス」にしたんでしょうねぇ。

逆にうっかりsをつけてしまいがちなのが、
T-shirtという単語。
Tシャと言ってしまうと、
複数形になっちゃうんですよね。

a T-shirt /ア ティー シャー(ト)/
two T-shirts /トゥー ティーシャー/

カタカナでは正確な音は表せませんが
ざっくり言うとこんな感じです。

そんなわけで、くれぐれも、
I bought a T-shirts.
と言わないように
ご注意くださいね(笑)